へらぶな釣り・加須吉沼


へらぶな釣り入門

へらぶな釣り初心者がへらぶな釣りに入門するには、どんな道具を揃えて釣りに臨めば良いのでしょうか。

へらぶな釣りを学ぶなら、まずはへらぶなという魚を知る事から始めましょう。へらぶなは琵琶湖のゲンゴロウブナの突然変異を飼育したものであり、養殖したへらぶなが全国にあるへらぶな会などによって川などに放流されています。かつては食用としていたようですが、現在ではほとんどが釣魚の対象となっています。

へらぶなは川や湖に移植生息しており、通常は植物プランクトンを好んで食べているといいます。へらぶなの特徴は、ほかのフナに比べて成長が早く繁殖力が強いという所ですが、一方のへらぶなの原種ゲンゴロウブナは絶滅危惧IB類となっています。

へらぶな釣りの愛好家は多く、家族でへらぶな釣りを楽しむ人も多くいます。釣り場は野池や湖だけでなく、設備の整った管理釣り場があるので、女性や子供でも釣りを楽しむ事ができるのです。

へらぶな釣りに使う竿は、へらぶな釣り用のへら竿と呼ばれる竿です。だいたい8尺から13尺程度の竿を用意するといいでしょう。また、道糸は0.6号から1.5号、全長25cm程度のヘラウキ、ウキ止めゴム、板おもり、サルカンやよりもどし、針ヘラスレ3−5号、ハリス0.4号から0.6号などを用意しておくといいでしょう。これらが一般的なへらぶな釣りの道具です。

仕掛けやウキ、エサは色々な種類がありますから、へらぶな釣りに慣れてきたらいろいろ試してみると良いでしょう。釣り方も様々ありますし、あれば便利な補助道具もありますが、まずはえさを付けて糸を垂らしてみましょう。

へらぶな釣り徹底解説

道具を揃えましょう!
へらぶな釣りの道具 イメージ
へらぶな釣りを始めるなら
必要な道具は
これで大丈夫!
どこで釣れるの?
へらぶな釣りの釣り場情報 イメージ
実力に応じて
釣り場を選べば
上達も速いかも?

人気のへらぶな釣りは大会も盛んです!
へらぶな釣りの大会 イメージ
スポーツフィッシングとして愛好家がたくさん!
へらぶな釣りは大会も
日本各地で数多く開催されています
餌はイロイロ
へらぶな釣りのえさ イメージ
バラケ、喰わせ、ダンゴ、トロロ、マッシュ、
グルテン、オカメ、ウドン
などちょっと初心者には難しい?

うどんでへらぶなを釣る

餌に虫を使うのは気持ち悪い…
そんな人でも大丈夫!
うどんでもヘラブナ釣りは出来るんです!

へらぶな釣りのブログ

へらぶな釣りのブログ イメージ
へらぶな釣りをやってみたい初心者におすすめ! ブログを見ていれば、たくさん学びがあります